ISSEY MIYAKE INC.

ISSEY MIYAKE MEN:
SPRING SUMMER 2018 Collection

6月22日(木)、ISSEY MIYAKE MENのショーはパリ5区に位置するピエール・エ・マリー・キュリー大学にて行いました。
テーマは「Through the Desert」。砂漠への旅から着想を得た今コレクションは、灼熱の砂漠から、ひと時の安らぎをもたらす星空の夜--果てしない彼方へ向かって、広大な景色を旅する逞しい男性像を描き出します。

このコレクションは2017年12月上旬より店頭に登場します。

ME_2017jun23_01.jpg ME_2017jun23_02.jpg

DOUBLE FACE COTTON
70年代前半から用い続けているISSEY MIYAKE MENの代表的なテキスタイル、両面コットンに改めて着目し、新たなスタイルへと昇華させました。砂の大地をイメージしたアースカラーは製品染めによるもので、服に奥行きのある色彩と、柔らかくリラックスした風合いを与えます。さらには、同生地を柄状に塩縮加工することで、部分的に縮み、砂紋のようなテクスチャが生まれました。こだわりの素材とミニマルなスタイルで、ブランドの哲学である着心地の良い服を提案します。

ME_2017jun23_03.jpg
ME_2017jun23_04.jpg

DESERT
過酷な環境でありながら、偶発的な美しい表情をみせる砂漠のテクスチャをイメージし、様々な素材や手法で表現しました。ジャケットは砂漠のランドスケープを、ウール、ポリエステルとコットンのカットジャカードで抽象的に織り上げました。さらに縮絨する事で、ウール部分のみが縮み現れるランダムな凹凸が、一段と豊かな表情を生み出します。
また、塩縮加工のテクニックを応用し、ポリエステルブロード生地とコットンブロード生地に砂紋柄を表現したシリーズも登場。どの素材も軽量で、アイロン不要といった機能性を持ち合わせています。


ME_2017jun23_05.jpgME_2017jun23_06.jpg

STRATUM
地層のグラデーションから着想を得た幻想的なモチーフは、色糊を使ったマーブルプリントによるもの。職人の手によって複雑に組み合わせて作られた柄は、糸から開発したオリジナルの柔らかな風合いのポリエステル生地にローラー捺染されています。ジャケットやパンツは縫製後、製品プレスを施す事で縦シワを入れ、シャープな印象に。アイロン不要で、水洗い可能な上に乾きが早く、利便性が高いシリーズです。

ISSEY MIYAKE MEN : イメージ

SPRING SUMMER 2017

ME_2017ss_05.jpg

ME_2017ss_04.jpg

ME_2017ss_03.jpg

ME_2017ss_02.jpg

ME_2017ss_01.jpg

ME_lookbook_thumb.jpg

Look Book

ISSEY MIYAKE MEN : コンセプト

1976年からレディースと共に発表、その後1978年にメンズブランドとしてスタートしました。1985年、単独でパリ・メンズコレクションを発表。2012年春夏コレクションよりブランド名をISSEY MIYAKE MENと改称し、2014年春夏コレクションからはデザイナー高橋悠介とそのチームがクリエイションを担当。機能性と着やすさを基本とし、常に新しいメッセージをグローバルに発信し続けています。

ISSEY MIYAKE MEN : ショップリスト